プリ小説

第6話

# 6
藍沢先生のことが気になったからわたしは思いきって聞いてみた。
あなた

あっ、藍沢先生!!なんで、脳外科に行くんですか??ずっとわたしの指導医でいてほしかったです...。

藍 沢 耕 作
お前には関係ない。(その場を去る)
あなた

ちょっ、ちょっと待ってください!わっ、わっ、わたし!!藍沢先生のことが、、好きです!!院内で一番尊敬してて、憧れの存在で、、だから、わたしの指導医でいてほしいんです!!

藍 沢 耕 作
残念だが、お前の気持ちに応えることはできない...。
あなた

えっ....(涙が溢れる)

あなた

はっ、はい...。

藍 沢 耕 作
お前はまだまだだ。戻ってほしいなら、もうちょっと勉強でもしろ。
この日から、あなたは、当直を増やしたり、勉強をしっかりやったり、日々努力をしていた。あなたが頑張っていることにはみんな気づいていた。
橘 啓 輔
あなた~、最近当直続きだな。あんまり寝れてないだろ~??
あなた

ちょっと仕事頑張りたくって...!!あ、けど、ちゃんと寝てますから!(ほんとは寝てない)

橘 啓 輔
そうか~、ならいいんだけどな。
今日で、2徹目。。
頭と体が重くてだるい。疲れた~。
けど、藍沢先生に言われた言葉
思い出したら、頑張らなきゃって思う...

医学書の小さい文字見てると眠くなる。。
内頸動脈(ないけいどうみゃく)に、冠状動脈洞(かんじょうどうみゃくどう)。
それと、抗ヒアルロニダーゼ、急性硬膜外血腫(きゅうせいこうまくがいけっしゅ)。
覚えることたくさん...
──────────────────────

ナースの間でもあなたの話が話題になった。
ナ ー ス 1
あなた先生さ、藍沢のことが好きだから、徹夜ばっかして頑張ってるんだってねー
ナ ー ス 2
は?なにそれー!!ありえないんだけどー
ナ ー ス 1
今度、あなた先生、いじめにいこ??
ナ ー ス 2
うん、行く行く!!
あなたのいじめの計画が始まっていた...
もちろん、あなたはそんなこと気づいていない。。              続く..
今回も最後まで読んでくれてありがとうございます♡♡

次回
2徹続きのあなたはどうなるのか...
あなたのいじめはどうなるのか...

お楽しみにっ!!!!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

か れ ん.
か れ ん.
花 恋 で す 。。 コ ー ド ブ ル ー ℓ​​ ơ v є ♡ 低 浮 上 o r 無 浮 上
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る