無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

# 5
あなたが6歳の頃のコト──


隣の家で火災が起きた。


あなたの家族は逃げ遅れた。


けど、お母さんとお父さんはあなたとあなたのお兄ちゃんをかばった。

それで、お母さんとお父さんは死んじゃった。

お兄ちゃんも最後には死んじゃっていた。

あなたは生き残れたものの、脚と腕に火傷のあとが残ってる。。

それから、あなたは火が怖くなった。

それでも、救命医の夢は諦めきれなかった。

だから、救命医になった。
Sideあなた

怖い、怖い。。

なんか、足が震えてる。
 
火傷のあとも見える。。

どんなに怖くても患者救わないと...




現場到着──
藍 沢 耕 作
行くぞ。
あなた

はぁ、はい。。

藍 沢 耕 作
あなた、なんかあったのか?
なんかあったなら言え。
あなた

ほんっとに大丈夫です。

藍沢先生なんかに言える訳ないじゃん!!

だって、好きな人に迷惑かけるのやだ。。

既に医者として迷惑かけてるし。

そんなこと考えるより、処置しなきゃ。。
あなた

翔北救命センターのあなたです。わかりますか?

患 者 1
せっ、せんせ、い。う、ちの、こど、もたす、けて。。(火災があった方へ向かう)
あなた

ちょっ、ちょっと待ってください。(ひきとめる)お母さんは、ここで待っててください。

あなたは火災のあった方へ向かう──
あなた

ねぇねぇ、わかる??

患 者 2
....(意識なし)
あなた

はぁはぁ。どうしよう...。(テンパる)

やることは全部わかるのに...。

手は動かない。。

あのときの怖さがよみがえってくる...。

救いたい...。救わなきゃ。。

よし。(メスを握る)

なんで...?手が震える...

怖い怖い。。

逃げちゃダメってわかってる...
藍 沢 耕 作
他の患者は全員無事だ。あとは、お母さんと子供だけだ。子供の方を頼んだ。
あなた

はっ、はい。

よし、お腹ここで切らなきゃ。

やっぱり怖いけど...。
あなた

痛っ...(メスで手を切る)

冴 島 は る か
あなた先生!?大丈夫ですか??
あなた

うん、大丈夫です。あ、○○ちょうだい。

冴 島 は る か
はい。(渡す)
冴 島 は る か
意識戻りません。。
あなた

お願い、意識回復して...。

患 者 2
....
あなた

ダメだ。。。

結局、子供は救えなかった。。

わたしが火事にあった時と
       同じくらいの年の子。

藍沢先生がやってたら、救えてたのかな..?
藍沢は、お母さんとヘリに乗って翔北へ行った。

緊急手術をして...。

なんとか一命をとりとめた。

手術後に、橘が言った。
橘 啓 輔
藍沢~、救命にいてくれないか~??
藍 沢 耕 作
いえ、もう脳外科に行くと決めました。
藤 川 一 男
おい、藍沢!?聞いてないんだけど!?
緋 山 美 帆 子
いや、あたしだって聞いてないし、急に何言ってんの?
藍 沢 耕 作
まぁ、そういうことだ。(その場を去る)
緋 山 美 帆 子
そういうことってどういうことだし...。
フェローたちの間でもその話は話題になった。
横 峯 あ か り
ねぇねぇ、藍沢先生脳外科行くんでしょ??
あなた

うん、みたいね...。

横 峯 あ か り
名取先生と灰谷先生と雪村さんも知ってるよね??
名 取 颯 馬
知ってるけど...(スマホいじりながら)
灰 谷 俊 平
はい。
雪 村 双 葉
知ってます...
メスで手を切ったところは横峯さんが縫ってくれた。
横 峯 あ か り
ねぇ、なんかあったの?(縫いながら)
あなた

いや、なんにもないよ。

あなた

今日は、患者も救えなかったし、手を切ったし、ミスばっかした。。

横 峯 あ か り
それ、理由があったんでしょ?いっつも、そんなことしないもん。ねぇ、何があったの?
あなた

だから、ホントに何もない。

横 峯 あ か り
はい、終わった。
あなた

ありがと。(その場を去る)

藍沢先生。戻って!!

それが一番の願い...。

この思い届いてほしいな...。