無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

3
2021/06/25

第2話

第一話

あれ?今何してるんだっけ?


そう思って右をむくと坊主頭の人が何か唱えてる。


ああ、そっか。

今は…

おねえちゃんのお葬式か。




姉が死んで1週間、何してたのか思い出せない。

いや、正確にはただ何もせずボーッとしてたのかもしれない。



あの日の夕方、病院の先生たちが姉を囲ってずっと名前を呼んでた。





この瞬間は夢だ、夢に違いない。

それかものすごく壮大なドッキリだ。



きっとそうだと自分に言い聞かせてた。



大好きだった姉。

私のことを1番理解してくれてた姉。

ケンカしてもすぐ仲直りできた姉。

誰からも好かれてた姉。


いつでも姉の周りは笑顔でいっぱいだった。



こんな素晴らしい人がどうして死なないといけなかったのか分からない。



このとき、私は思った。



運命は残酷だ、と。