無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第157話

ウォヌ🐱
770
2020/04/11 15:28






私の隣は寝たいらしい
ウォヌ
ウォヌ
……
u
u
……

寝たいらしい






















と聞いたんだけど
u
u
…寝ないの?
ウォヌ
ウォヌ
あなたも寝ろよ
u
u
私眠くない

なんか私が寝ないと寝たくないみたい



今日は朝からずっと寝てくれお願いだから寝てくれと言われ続けている()
u
u
私のことは気にしないで寝ていいよ?
ウォヌ
ウォヌ
ダメだ
u
u
なんで
ウォヌ
ウォヌ
あなたが寝てないから

だから、気にしないでいいんだって
ウォヌ
ウォヌ
あなた、寝ないの?
u
u
うん
ウォヌ
ウォヌ
なんで?
u
u
眠くないの
ウォヌ
ウォヌ
じゃあ眠くなるようにしてあげる

そう言って耳にイヤホンをつけさせられ




睡眠へ誘うオルゴールが流れてきた
u
u
ちょ、なんでオルゴール?
ウォヌ
ウォヌ
眠くならない?

確かにちょっと欠伸が出そうだけど……
u
u
もー、なんで私を寝かせようとするの!

そんなに寝たいなら寝たらいいのに!
ウォヌ
ウォヌ
だってあなたと一緒に眠ったら
ウォヌ
ウォヌ
夢の中にあなたが来てくれるだろ?
u
u
へ?

予想外すぎる返答に困ってしまう
u
u
えっ、と
u
u
私に夢の中に出てきて欲しいから寝て欲しいわけ?
ウォヌ
ウォヌ
そう

ウォヌはいたって真剣な顔



冗談で切り抜けるにはあまりにも
u
u
……起きてたら一緒にお話できるよ?
ウォヌ
ウォヌ
皆と一緒じゃ意味ないんだよ
ウォヌ
ウォヌ
二人っきりがいい、夢の中で

最後の言葉を耳元でそう言われて耳が真っ赤になった



ウォヌは言うことがいちいちロマンチックで恥ずかしい
u
u
わ、わかった!
寝るから!

ずっと耳元にウォヌの顔があって



ウォヌの息がかかってきて心臓がもたないよ








私がそう言うとウォヌは
ウォヌ
ウォヌ
じゃあ手を繋ごうか

私の指にウォヌの指を絡めてきた
u
u
へ?ちょ、ウォヌ……!?
ウォヌ
ウォヌ
おやすみ

私は心臓バクバクなのに、ウォヌは慣れたことの様にそのまま目を閉じた




私も寝ないと、ウォヌに怒られちゃう




瞼を閉じてしばらく経ったころ、そろそろ夢の中へ入ろうとした時






























































ウォヌ
ウォヌ
愛してる



そう聞こえた気がした