無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第152話

スンチョル🦍
895
2020/04/04 13:31






(※同じ学年・クラスという設定でお願いします🙏💦)










皆がバスに乗り込み、遠足気分の企業見学がはじまる
スンチョル
スンチョル
あなたはバスで寝る派?
u
u
寝ない派~
スンチョル
スンチョル
じゃあ俺も寝なーい

なにそれ笑笑


私に合わせず寝てもいいのに笑
u
u
スンチョルはいつも寝る派なの?
スンチョル
スンチョル
帰りは寝るかな~笑

あー、帰りって何か疲れてるよね
スンチョル
スンチョル
でもただ乗るって暇だよな
u
u
私グミ持ってきたよ
u
u
食べる?
スンチョル
スンチョル
遠足気分だな笑笑
u
u
ほぼそれでしょ笑笑

なんて言いながら自分も手にチョコ持ってるじゃん笑笑
スンチョル
スンチョル
バスってトランプとかするには微妙な広さだよな
u
u
荷物とか嵩張るもんね
スンチョル
スンチョル
音楽聴く?
u
u
うん、スンチョルの好きな曲教えてよ

私はスンチョルからイヤホンの片方を貰って付ける
スンチョル
スンチョル
んー
スンチョル
スンチョル
これとかどう?

流れ出したのはまさかの甘いラブソング
u
u
意外
u
u
スンチョルもこんなラブソング聴くんだ
スンチョル
スンチョル
どういう意味だよ笑笑
u
u
なんか爽やかなラブソングが好きそうじゃん

青春の一部の恋みたいな?




そんなラブソング
スンチョル
スンチョル
まあ、そういうのも好きだけど笑

やっぱり笑
スンチョル
スンチョル
この歌詞さ、なんか共感できるんだよね
u
u
お、好きな子いるの?
スンチョル
スンチョル
うん

スンチョルの好きな子……




きっと女の子らしくて華奢で油まみれの作業着なんて無縁な子なんだろうなー笑
u
u
ね、私が知ってる子?
スンチョル
スンチョル
なんで教えるんだよー笑笑

なに恥ずかしがってんのよ



そんな照れ顔で言われても、言わせて欲しいって風にしか見えないよ?()
u
u
教えてよー笑
u
u
誰にも言わないよ?

そう言うと、スンチョルは考える素振りをして
スンチョル
スンチョル
耳かして

私は耳をスンチョルの前に出す





さてさて、どんな可愛い子の名前があがるのかなー?




































チュッ








u
u
へ?
スンチョル
スンチョル
バーカ

顔を真っ赤にしてバカなんて言ってくる



いや、待って
u
u
耳……

チュッて




耳にチュッて
u
u
キス……?
スンチョル
スンチョル
気づけよバカ
スンチョル
スンチョル
好きな子はお前だよ

マジか




女の子らしくなくて華奢じゃなくて油まみれの作業着に縁しかない私ですか?
u
u
えっ、と……

自分でも体温でわかるくらい顔が真っ赤なってる




でもそれはスンチョルもで……
スンチョル
スンチョル
や、やっぱり俺寝るな!
スンチョル
スンチョル
おやすみ!
u
u
あ、うん……?

そういって窓に頭をつけるスンチョル




見学先の企業に着くまでずっと耳が真っ赤だったの、隣の私は知ってるよ?