無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第158話

ジフン👶
744
2020/04/14 09:18






わかるようでわからない



隣の席の彼は私の袖口を掴んだまま、通路を挟んだ向かいの女子と話してる









どういうこと?


袖口掴む癖でもあるの?


こんな可愛いこと私にしておいてそっちの女子と話すの?
u
u
ねえ、ジフナ…

私が袖口を掴むジフンの手に触れるとより強く掴んできた
ジフン
ジフン
ダメ

そう言ってまた別の女子と話しだす









……こういうのって、好きな人にするものじゃなきのかな?


なんで私にするんだろう?


自惚れていいなら、私のこと好きなのかな?


でも、私とはあまり話してくれないし……




さみしいわけじゃないよ?


私だって前の人と話したり音楽聴いたりしてるし


でも気になるじゃん
女子
ねえ、ジフンくんはどうしてあなたちゃんの服掴んでるの?

向こう側から見えてたみたい


ジフナが話してる女子がそう聞いてきた
女子
あなたちゃんのこと好きなの?

その質問に私は息を飲んだ







私は目を閉じイヤホンをつけて音楽を流してる隙間に会話を聞く


私も、気になるから
ジフン
ジフン
関係ないだろ
















関係ない、ってなに?



私の嫌いだから言えないとか?








なにそれ


ちょっと期待した私が馬鹿だったかも


だって、こんなことされたら不覚にもドキドキしちゃうじゃん


その後にジフナが何か言ってたけど、



何を言っていたのかわからなかった







……というか、聞こえなかった


イヤホンから流れてくる音楽も耳に入らない










考えられるのは何故私がショックを受けてるのか
ジフン
ジフン
あなた

ジフナが私の袖を引っ張る



私は目を開けてジフナに目を合わせた
u
u
なに?

合わせられたのは最初だけ


一瞬のうちに私の目は泳いだ
ジフン
ジフン
……さっきの話、聞いてた?
u
u
さっきの話って?

本当は少し聞いてたけど



私は知らないふりをする


ジフンは「そっか……」と言って口を閉じた







なに?


聞かれたくないことだったの?


聞いてほしかったの?
u
u
何の話をしてたの?

どうしても気になって聞いてみた



もしかしたら、私の勘違いかもしれないっていう期待をこめて
ジフン
ジフン
いや……

ジフンは口をパクパクさせて私から目をそらす
ジフン
ジフン
俺さ
ジフン
ジフン
あなたのこと

私のことが?
ジフン
ジフン
いや、やっぱり……
u
u
なに?
ジフン
ジフン
……あなた
u
u
はい
ジフン
ジフン
俺のことどう思ってる?

どう思ってる、って……
u
u
大事な友達、かな?
ジフン
ジフン
俺はあなたの友達以上になれる?
u
u
親友ってこと?
ジフン
ジフン
恋人ってこと




………………え?
u
u
こ、恋人?
ジフン
ジフン
……ダメ?

いや、ダメとかじゃないし


ジフナならあり得るかもしれない仲だけど





そういう風に見たことないっていうか……
u
u
わ、わかんない……
u
u
今まで考えたことなかったから……
ジフン
ジフン
じゃあ今日から考えてよ

そう言って袖口を掴んでた手を私の手に被せるように置いた
u
u
え?
ジフン
ジフン
今日から絶対ドキドキさせてみせるからな

耳まで真っ赤なのをパーカーのフードを被って隠すジフン


























いや、今この状況にドキドキしてるよ、、。

































作者の☆です!


私、最近中国語を勉強しているんですが


お仲間がほしいです!


もし、勉強してるよって方や


これからしたいと思ってるって方がいらっしゃったら


コメントください!!


一緒に頑張りましょう!