無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第153話

ジョンハン👼
862
2020/04/05 04:46






たった今、座る席を窓側か通路側かで争っています
ジョンハン
ジョンハン
ハニ窓側がいい!
u
u
私も窓がいいよ!

どっちも全く妥協しません



だって通路側は頭を置いて寝れないからです










こういうのって、それぞれ別で乗ればいいのに



ハニはそれも嫌だって言うんですよ?



何なんですか?



剛田ですか?
ジョンハン
ジョンハン
ってか、あなた寝ないじゃん!
u
u
うっ……

本当は外を眺めたいからなんて言えません




でもこれも正当な理由になるよね?
ジョンハン
ジョンハン
俺ごしに眺めればいいんだよ
言いたいことわかるけどなんか嫌な言い方するなー
u
u
……わかったよ

そうして私が通路側に座ることになった
































数十分後
ジョンハン
ジョンハン
……

案の定寝たハニ



寝てれば可愛いんだけどなー



喋り出すと剛田化するんだもんなー
u
u

あれ?



ハニ、ほっぺたにまつ毛ついてる










私は手を伸ばし、そのまつ毛を取ろうとする












すると
ジョンハン
ジョンハン
何してんの?

ハニのほっぺたに触れたところで起きてしまったハニ
ジョンハン
ジョンハン
あなたって大胆?

なんてニヤニヤして言ってくる
u
u
いや、まつ毛取ろうと思って…
ジョンハン
ジョンハン
え?抜くの?

なんでそうなった
u
u
違うよ、ついてたから取るの
ジョンハン
ジョンハン
なーんだ
ジョンハン
ジョンハン
キスしたいのかと思った
u
u
はあ!?

キス!?




私が真っ赤になってるのを見て楽しんでるハニ
ジョンハン
ジョンハン
何赤くなってんの?笑
u
u
うるさい、見ないで
ジョンハン
ジョンハン
なんでよ、まだまつ毛取れてないだろ?
ジョンハン
ジョンハン
取ってよ

ん、って顔を私の前に差し出してくる




うわ、なにそれ




何で目を閉じてんの?




取るだけなのに、なんか恥ずかしいことしてるみたいじゃん
u
u
……はい、取れたよ
ジョンハン
ジョンハン
ありがとう
ジョンハン
ジョンハン
てか、お前もついてんじゃん
ジョンハン
ジョンハン
ごみ
u
u
え?嘘どこ?
ジョンハン
ジョンハン
ほら、取ってやるからこい

そう言われたからハニの方に近づく

















そしたら
ジョンハン
ジョンハン
おやすみ

私の肩を引き寄せてハニの肩に私の頭を乗せたままハニは目を閉じた
u
u
え?は、ハニ?
ジョンハン
ジョンハン
あなたも寝ろよ

ハニはそのまま寝たみたいで寝息が聞こえる
u
u
えー…

これから着くまでこの体制?


































寝れないどころか
u
u
落ち着けない……