無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

後悔
当たり前になってたんだ

あいつと連絡を取ることが
あいつが隣で笑っていることが
あいつが「好き」と言葉にしてくれることが

何もかもが当たり前になっていて
それが当然のことのように続くと思っていた…


当たり前なんてあるはずもないのに…


俺はあいつに甘えていたんだ
絶対にこいつなら俺から離れていかない
そんな甘い考えをしてたから…

もっと話を聞いてやればよかった
もっと俺の方から笑顔にさせてやればよかった
もっと「愛してる」と伝えてやればよかった


今になって後悔することばかり


1番にあいつの事を考えてるって伝えてるだけで…
実際は俺は自分のことばっかりで…
何も考えてやれてなくて…

俺と付き合ってる間あいつの口癖は

「大丈夫、仕方ないよ」

だった。どんな理由でも「大丈夫」と言ってきっと一人で抱え込んでいたんだ…

そんなことにも気づかないで
あいつを1人で泣かせていた
そばにいて支えてやっているつもりが
どんどん離れていっていただけだった…


「ごめんね。バイバイ。」


あいつは涙を流し手を振って俺の前から消えていった…


当たり前だった日常が全て崩れてなくなった



俺の心には『後悔』と言う言葉が今もずっと残っている。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

MAYA🐟🌾
MAYA🐟🌾
YouTube Fischer's大好きのウオタミです! フォローよろしくお願いします!!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る