無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

298
2021/07/24

第2話

第2話
あなた「はぁ、まって!E組って確か」
あなた「くそ美人な先生が担任でしょ?」
あなた「名前は確か〜……あ!雪村あぐり!」
__
渚「雪村あぐり?」
渚「なんか、そういう名前の子役いなかったっけ?」
あなた「いないって」
あなた「にしても、意外と近いね」
渚「いや、あなただけだよ疲れてないの」
あなた「言うて渚もでしょ?」
あなた「ま!いいや」
2年の3学期
私たちはE組に行きました!笑
雪村先生「あら!あなた達が理事長の言ってた新E組生?」
うっわ!くそ美人
いいな
あなた「はい!そうです」
雪村先生「じゃ、席まで案内するね」け
あなた「はーい」
渚「(あなためっちゃ喋るじゃん)」
雪村先生「じゃ、あなたちゃんはそこの1番後ろの真ん中の列の左ね」
雪村先生「渚くんは、1番前の窓の1つ隣の席」
やった!いちばんうしろ!
即寝よ
雪村先生「ちなみに、あなたちゃんの隣の席赤羽業くんがいるけど今停学中」