無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

1話
大人のあなた
大人のあなた
ぁー、今日も疲れたー!
大人のあなた
大人のあなた
早く帰って寝よ
ガチャ🚪
大人のあなた
大人のあなた
ただいまー!って言っても返事は返ってこないよね
なんやかんやあって寝る時間
大人のあなた
大人のあなた
んー!疲れたぁー!明日も仕事頑張らなくちゃ!!
お布団に入る
大人のあなた
大人のあなた
おやすみなさいɢᵒᵒᵈ ɴⁱᵍʰᵗ ✩
大人のあなた
大人のあなた
( [▓▓]_*˘꒳˘*)_スヤァ
ピカピカピカーン✨✨
大人のあなた
大人のあなた
Zz(´-ω-`*)
(・8・)チュンチュン!!
ん、( ̄□ヾ)ファ~
おはょぉ......▂▅▇█▓▒ (’ω’) ▒▓█▇▅▂
安室さん
安室さん
パチッんー、何だうるさい
安室さん
安室さん
(๑º△º๑)
安室さん
安室さん
えーっと大丈夫?怪我はないね
安室さん
安室さん
君はどこから来たのかな?
ぇ、
(つ、詰んだ、ここは、私の大好きなコナンの世界そして転生したということだ何で昨日普通にご飯食べて寝ただけだよね?なんかいつもと違うことしたっけ???と、とにかくこの格好で逃げるのは無理だし、足そんなに早くないから安室さんの手を取るしかない!!か......)判断00000・1秒
(それにしても手大っきいなー)
(ん?嫌大きすぎないか??)
(あれ?手ちっちゃい???)

(もしかして(*/・-・\*)チラッ)
美川
美川
Σ( ˙꒳​˙  )!?ちっちゃくなってるぅぅぅぅううぅぅうううーーーーーーーーーーーー!
安室さん
安室さん
大丈夫?
美川
美川
ぁ、ぅぅぅぅ( ;꒳​; )
安室さん
安室さん
Σ(・ω・)
説明中⸜🕊⸝
安室さん
安室さん
ちっちゃくなった?
安室さん
安室さん
えー、要約すると帰ってきてご飯食べてお風呂に入って寝て、起きたら何故かここに居て身体が縮んでいた......と
美川
美川
ぅん( ;꒳​;  )
安室さん
安室さん
そして僕の事も知っている
美川
美川
そう(´ノω;`)
安室さん
安室さん
(正直信じられない......だが、大きな服を着たままの移動はかなり困難......そして今は冬なのに夏服を着ているという事が証明している......。)
安室さん
安室さん
(何より少女がいきなり部屋に居るなんて......目の前で見た僕が証人なんだ)
安室さん
安室さん
よしっ
美川
美川
安室さん
安室さん
君は今から僕が育てる。
美川
美川
え?
安室さん
安室さん
ちなみに拒否権はない(^ω^)ニコニコ
美川
美川
ぇ?ぁ、はい
美川
美川
(安室さんの手本物だ......)ょ、よろしくお願い致します(●︎´▽︎`●︎)
こうして私は転生をし、安室さんに育てられることになった
オマケ

安室さん
安室さん
因みに向こうの世界では何歳だったんだ?
美川
美川
22歳です
安室さん
安室さん
年下じゃないか