無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

223
2022/01/26

第8話

🌀
(なまえ)
あなた
最下位除籍とかダルい、







()
緑谷のボール投げが回ってきた








(なまえ)
あなた
頑張れー
飯田天哉
飯田天哉
緑谷くん、このままでは大変なのでは?
(なまえ)
あなた
え、出久は無個性だよ、?
爆豪勝己
爆豪勝己
そうだ!デクは無個性のくそ雑魚だぞ!?
飯田天哉
飯田天哉
無個性!?
飯田天哉
飯田天哉
彼が入試で何をしたか知らないのか!?
(なまえ)
あなた
いや、知らない
(なまえ)
あなた
場所別だし、
飯田天哉
飯田天哉
なるほど

















()
出久の投げたボールはあっさりと地に着いた













ピピッ


46m












緑谷出久
緑谷出久
え……確かに今使おうって…
相澤消太
相澤消太
個性を消した。
みた感じまだ個性を制御出来ないんだろで、また腕ぶっ壊して誰かに助けてもらおうと?
緑谷出久
緑谷出久
っ、そんなつもりじゃ…
相澤消太
相澤消太
そんなつもりじゃなくても周りはそうせざる追えなくなる
相澤消太
相澤消太
ボール投げは2回ださっさと済ませな












()
(なまえ)
あなた
個性を消した、か。
(なまえ)
あなた
イレイザー・ヘッド……
皆
???










再び投げた出久のボールは無個性とは思えないほど高く空に舞い上がり地に落ちた


















爆豪勝己
爆豪勝己
どういうことだ!ワケを言え!デク!!!



()
(なまえ)
あなた
個性があったの……?










ヒーロー科にいる、ましてや顔を会わせたばかりの人間ならなんとも思わないだろう











ただし物心着いた頃から一緒に過ごしてきた私たちは驚きが隠せなかった











爆豪勝己
爆豪勝己
んだぁ、この布!








出久に殴りかかろうとした勝己は先生により拘束されていた















相澤消太
相澤消太
あんまり個性使わせるな!
相澤消太
相澤消太
俺はドライアイなんだ!!!






()
皆
(((個性すごいのにもったいない)))










結局こうなった













1位 八百万百

2位 轟焦凍

3位 爆豪あなた

4位 爆豪勝己

5位 飯田天哉

・

・

・

・

21位 緑谷出久








(なまえ)
あなた
出久……








出久の除籍を危惧していたときだった














相澤消太
相澤消太
除籍は嘘な
八百万百
八百万百
そんなの少し考えれば分かりますわ
(なまえ)
あなた
(マジですか、)