無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第32話

私も戦う!
ひとしきり楽しんだようなので、もう下ろせと本気で睨む。
だが、エドガーは私を離そうとしなかった。


そもそも、何故ここにいるのだ。
真っ昼間だっていうのに、外にでるなんて珍しい。


「怖ければ、目を瞑っていなさい」
「は?」


何でそんな命令を、と思う。


瞬間。



ドカアアアアアアアアアアアアアアアアアアアン!!!!






轟音が鳴り響き地面が揺れる。
埃と砂が舞い上がり、風圧に飛ばされそうになった。


エドガーの腕が私を押さえていなかったら危なかったかもしれない。
恐る恐る目を開ければ、瓦礫が散乱していた。

目の前には、ルカ、メリー、ギルバート、エドガー、私を守るようにして先頭に立っているザルクと、エドガーの右腕であるジェイムズが立っていた。


武器を振り、瓦礫を弾き飛ばしてくれたらしい。



「どういう……こと」

「敵のグループが攻めてきたんだ。カグツキ、っていうグループなんだが、夜狼とは長く喧嘩をしていてね……でも、こんなにド派手なのは初めてだ」


「……」
「怖いか?」

怖い。怖くて堪らない。


「時間稼ぎくらいはする。ガキどもはそこの騎士と一緒に帰れ。ルカは貧民街の奴等と一緒に避難しろ」


的確な指示だと言うことは理解している。
でも。

「嫌」


駄々っ子のような我が儘でしかないことはわかっているが、そう言わずにはいられない。

「貴方、戦えるの? 武器だってまともに持っていないじゃない。今生の別れなんて真っ平よ。夜狼には生き残ってもらわないと私が困るの」


エドガーは、初めて本気で困った表情を見せる。
こいつが私に弱味を見せるなんて珍しい。


「お前の方が戦えないだろう」
「戦える。戦うわ」


それに、私がいれば最大の戦力であるザルクも一緒に戦ってくれるだろう。
「……わかったよ。どうせ、体験してもらおうと思っていたし、内緒にされて動かれるよりよっぽどいい。ただし、俺たちから絶対に離れるなよ」

「わかった」



エドガーの一人称が変化する。

表の上品そうな顔をかなぐり捨てると、途端に野性味を帯びた顔つきになる。



「そういうことだから、メリー、ルカ、ギルバートは避難を──」


「「「嫌だ(です)!!」」」



……。


「お前だけ戦わせるわけないだろう!? 俺は騎士見習いだぞ! 一緒に戦う!」
「お嬢様から離れませんから!」
「バカなこと言うな!」



どうしよう。
今度は私が困ってしまう。エドガーに助けを求めたが、彼は目映い笑みを返しただけだった。


助けてくれる気はないらしい……。