無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第35話

激痛と後悔
ギルバートの戸惑うような視線。


今、私は何を──


目をやれば、敵が倒れている。
傷つけることなく、失神のみさせたその手腕は我ながら見事なものだ。


だが。


おかしい。
こんなのが、私の実力なわけがない。



その証拠に、あり得ないほど体が痛む。
成長途中で一年ほどしか剣に馴染んでいない私が、意識の赴くままに無理矢理体を動かしたのだろう。


ひどい激痛に体が痺れた。
自分が持っている剣が恐ろしく思えた。


──そういえば。
こんな風に強くなってしまって大丈夫なんだろうか。
これはレベッカの眠れる才能であることは明白だ。

このままこの剣の才能を開花させたとして。


追放後の仕事に使うのではなく。
ヒロインやヒーローたち…ギルバートを。
傷つけるようになってしまったら。


脳裏に、血濡れた自分が、メインキャラクターたちの屍の上で高笑いする情景が浮かんだ。


今更ながらその可能性に思い当たり、吐き気を覚えた。



誰かを傷つけたくて、剣を握ったわけではないのに。
「…嫌っ」


剣を落とした。
からん、と乾いた音が響く。


「レベッカ!? 何をしている!?」


私が倒した男たちを乗り越えて、新たな敵が迫ってくる。



「嫌……戦えない」


激痛と、後悔。そのどちらもが私を責め立てた。


「失礼」
「……ぁ」


ザルクに抱えあげられる。
厚い胸板を間近に感じ、パニックが少し和らいだ。


「くそ、引くぞ! 数が多すぎる! おかしい! こいつら、こんなに多くもなかったし武器もなかったはずなのに! ジェイムズ! 小僧を抱えてやれ!」


確かにおかしい。
夜狼と長年争ってきたのだから、同程度の規模だったはずだ。

なのに、なぜこんなにも多い?
なぜ武器が尽きない?
何のための抗争だ?

「……! まさか!」


ある可能性に気づき、体が硬直する。
そんな私をエドガーがやわらかく微笑んだ。



「しこんだ甲斐があるな。お前も気づいたか。……本当は、もう少し成長を待つ予定だったが。ジェイムズ、お前を『仮番長』に任命する。レベッカが12歳になったら『番長』に任命してくれ」


……私が、番長?
どういう、こと?


なんでそんな、こんなときに突然──


あ。



そうだ。
今から私たちは『逃げる』のだ。


こんな数の敵から逃げるのは容易ではない。

だとすれば、敵を引き付けておく人が必要だろう。




つまり、『おとり』だ。



「ーーーーーっ!」


理解の後に、私は必死でザルクから降りようともがく。
だけど、ザルクは私を離さない。



「行け……大丈夫だ、俺も後から追いかける」



嘘だ。そんなことできるわけがない。
できないってわかっているから! さっきジェイムズを『仮番長』に任命したんだ!


「嫌! 嫌! そんなこと許さない! 私も一緒に残る!」



ザルクと、ギルバートを抱えたジェイムズが地面を蹴って走り出す。
行きと違うのは──エドガーが、いないこと。


段々喧騒が小さくなっていく。
それは、戦いの場所から離れているからか、それとも。


戦いが終わったエドガーが負けたからか。





「うわああああああああああああああああああああああああ」




涙でぐちゃぐちゃの視界では、何がどうなっているのかわからなかった。