無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

664
2021/05/29

第2話

01










あなた「今日時間、あるかな。」



そう思いながら私は坂を滑る。



スケボーは2歳から始めた。



親の影響だ。



趣味でやっていたらしく、そのため私は嫌でもスケボーに乗らされていた。



昔は嫌いだったこの坂も今では大好きだ。



そんなことを思い私は空を見上げる。



???「うわぁっ?!」



あなた「!!!!」



クルッ



あなた「ごめん!!大丈夫、?」



???「大丈夫だ!!!!!お前の方こそ怪我ねぇか???」



あなた「あ、え、うん、」



???「じゃあな!!!」



あなた「ばいばい、?」
















これは私がスケボーより大事なもの、好きなものを見つけた物語。