無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

634
2021/08/04

第2話

🥀あと7日…(前編2)
う〜暑すぎる…
早く冬になんないかな〜
クリスマスとか特に楽しみ(*´﹀`*)♪
そんなことを考えているうちに病院に到着。







診察まで待っていると、
三ツ谷
ん?あなたか?
突然後ろの方から見覚えのある声がした
あなた
あ!三ツ谷!!
あなた
どうしたん?こんなとこで
三ツ谷
あ〜ルナ、マナが熱出してな。
三ツ谷
病院連れてきたんだよ。
あなた
お兄ちゃんしてんね〜?
三ツ谷
褒めてんのか、煽ってんのか
分かんねぇよ笑
三ツ谷
あなたこそ、なんで病院来てんだ?
あなた
あーちょっと体調優れんくて笑
マイキーと、ドラケンに病院行ってこい!って言われたw
三ツ谷
あなたが体調不良とか珍しいな笑
まぁお大事にな!!
そう言って三ツ谷は、去っていった。






確かに、今までこんなこと無かったのに
変だなぁ…
イシャ
イシャ
あなたさんどうぞ〜
あなた
はーい!





━━━━━━━━━━━━━━━
検査後、
イシャ
イシャ
あなたさん、検査お疲れ様でした。
イシャ
イシャ
落ち着いて、よく聞いてください。
なんだ……?
あなた
は、はい。
イシャ
イシャ
あなたさんは、後、余命1週間だという事が分かりました。
え…?
うそ…でしょ…?
あなた
えっと…どうすることも出来ないんでしょうか…?
イシャ
イシャ
残念ながら…
お力になれず申し訳ありません……
あなた
い、いえ…!
これからどうすればいいんでしょうか…?
イシャ
イシャ
入院して、長く生きれる可能性がある治療を受けるか、入院せず今まで通りの生活を続けるかという2つの選択肢があるのですが、
イシャ
イシャ
どちらにしますか…?
長く生きれるなら、長く生きたいけど…


死ぬのは変わらないんだよね…
あなた
入院せずに
今まで通りの生活をします。
イシャ
イシャ
分かりました。
あと1週間頑張ってください<(_ _)>
あなた
ありがとうございました。





私は、お医者さんにお礼を言って病院を出た














あと1週間か……





まだまだしたいこと沢山あったのになぁ笑









あれ…なんで涙が出てくるの……グス
















死にたくないよ( ; - ; )















































マイキー達になんて言おう…


























ただの風邪とでも言っとこうかな…