無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

463
2021/03/05

第18話

初めて見た時から










体育館裏





倉橋「あ、あなたさん!」

花宮『あ、倉橋さん、!』

倉橋「あの!」

花宮『は、はい!』

倉橋「好きです!!」

花宮『…え、?』

倉橋「好きなんです!」

花宮『………………え、は、ん?』

倉橋「あん時はありがとうございました!」

花宮『あの時……………あ!!!あの時の!?』

倉橋「路地裏で倒れとったうちを助けてくれてありがとうございました!」

花宮『いやいや!あれだけしか出来なくてすいません、!』

倉橋「あれだけで十分でした!!」















倉橋side





あなたさんと出会ったんは3年前の夏やった。


その時期は他校のヤツらと喧嘩してばっかでうちは路地裏で倒れとった。


血まみれでおっても誰も何も声をかけてこんかった。


親にも見放されたうちを助けてくれるやつなんておらんかった。







倉橋「痛って………」

花宮『大丈夫ですかっ?!』

倉橋「…………………」

花宮『家に来てください!手当するんで!!』

倉橋「ちょ、!!」



その女はうちの手を掴んで家まで走った。


こっちはけが人だっつーの。


でも。こいつがうちの手を掴んどる時"離して欲しくない。"って何故か思っとった。








花宮家






倉橋「ッ………!」

花宮『あ、ごめんなさい、!』


消毒くそ痛てぇ。


傷にしみるわ。今度あいつにあったらこれより酷くしてやらぁ。ハハッ




花宮『あの、喧嘩ですか……?』

倉橋「…………あぁ。」

花宮『そうですか、大変でしたねっお疲れ様ですっ!ニカッ』

倉橋「…………は?」





こいつ何言ってんだ?


何馬鹿なの?え?なんなの?






花宮『あ、ご飯食べます?』

倉橋「うち作れるから、」

花宮『そうでしたか…………』

倉橋「あんた家族は…?」

花宮『あ、父は出ていって母は入院中なんです。』




そういう彼女の表情はとても寂しそうな顔をしていた。


ずっと独りだったんかな。


中2で1人って。普通で考えると寂しいか。






倉橋「うち、帰るわ。」

花宮『また会えますかね、!』

倉橋「………さぁな。」

花宮『…………………会えますよね。』

倉橋「多分な。」





そんな悲しそうな顔すんなっつーの。






倉橋「あんた名前は?」

花宮『あ、花宮あなたです!』

倉橋「そっ、あなたさん。



















またな・・








花宮『!!!!!!はいっ!ニコッ』














なぁ、あなたさん。


うちはあんたの笑顔一分一秒忘れたことないんやで笑


喧嘩しよる時もずっとあんたが頭の中におった。


そん時から分かっとった。


うちは同性やけど。数分しか会ってないけど。
















あんたを好きやったんやで。初めて見た時から。















この恋に題名をつけるとしたら『路地裏での一目惚れは初恋』やな笑
















あー。変な題名やなぁ笑















うちの初恋は実らないらしい。笑