無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

468
2021/02/28

第15話

唐突
 



侑side

サムが俺とあなたの前に出した写真は間違えなく

さっきの俺達やった。

「ハグしとるだけやん」って言ってしまうとこやった。

あなた虐められるよな。

俺のせいで。虐められるよな。




ピコン





┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
〈 花宮 あなた

花宮
侑、私が虐められるとか考えなくていいよ。
なんでや、
花宮
だって侑は私の味方でいてくれるんでしょ?
私はそれだけでいいから。
おん。ずっと味方でおる。
辛かったら頼りーや?
花宮
ありがとう。笑
侑「その写真がどしたん。」

俺がそう言うと雌豚共がこちらを向いた

なんなん。邪魔なんやけど

ファン「侑く〜ん!♡」

ファン「こんなの嘘だよねっ遊びだもんねっ」

ファン「ねえー!侑くんなんか言ってよぉ!」


ギロッ


ファン「ッ…………」

侑「あなた行くで」

花宮『いいの?ファンの子達。』

侑「ええ。今はバレーとあなたがおってくれればええ」

花宮『?』

侑「好きやで」























花宮『…………え、?』