無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

362
2019/01/01

第6話

.6
翌 日  学 校

──────────────

すみれ
あなた 、あなた !!

昨 日 ど う や っ た !?
す み れ が 会 っ て 早 々

食 い 気 味 に 聞 く 。
あなた

え 、一 緒 に 喋 り な が ら 帰 っ た

だ け や で 、?

ホ ッ と し て る 自 分 が 分 か る 。
流星
良 か っ た な ッ 、
流 星 が 呟 く 。
う ん …
で も 、安 心 し て 居 ら れ る の は

今 だ け だ っ た 。
────────────

放 課 後



智洋
あなた ち ゃ ん 、借 り て い い ?
すみれ
も ち ろ ん ッ 、!
校 門 の 前 で 流 星 を 待 っ て い る

と き だ っ た 。

い つ も の 通 り 了 承 し た ん や け ど

モ ヤ モ ヤ が 頭 を 駆 け 巡 っ た 。


こ れ が 全 て の こ と の

引 き 金 と な る こ と を

俺 は 知 ら な か っ た 。