無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

335
2021/08/13

第4話

第3話
永瀬廉
永瀬廉
おはよお
東条○○
東条○○
おはよ
永瀬廉
永瀬廉
ちょっと、昨日やり過ぎたな笑
東条○○
東条○○
腰痛い
永瀬廉
永瀬廉
ごめんなぁ
永瀬廉
永瀬廉
これから、気をつけるからなぁ
東条○○
東条○○
うん
永瀬廉
永瀬廉
でも、
永瀬廉   (裏   ○○にしか見せない
永瀬廉 (裏 ○○にしか見せない
(((ボソあなたが、忘れてたんも悪いんやからな。
東条○○
東条○○
……ごめんなさい
永瀬廉
永瀬廉
ええよ
東条○○
東条○○
私、もう帰るね
永瀬廉
永瀬廉
は?
もう帰るん?
東条○○
東条○○
うん。
彼氏が家に帰って来たけど、私がいなくて困ってるらしいから。
永瀬廉
永瀬廉
わかった。
また、今日来てな❤
東条○○
東条○○
うん
永瀬廉
永瀬廉
ばぁいばぁーい‼️
東条○○
東条○○
うん
平野紫耀
平野紫耀
あなた‼️
(`・ω・)ω-*)ぎゅっ
平野紫耀
平野紫耀
どこいってるのかと思って心配した
本田○○
本田○○
ごめん。
紫耀くん。
平野紫耀
平野紫耀
どこ行ってたの?
本田○○
本田○○
友達の家にお泊まりしてたの。
紫耀くん昨日帰らなくて寂しかった(´;ω;`)
平野紫耀
平野紫耀
ごめん。
これからは帰るようにするね
本田○○
本田○○
うん‼️
平野紫耀
平野紫耀
じゃ、今日もお仕事あるから
本田○○
本田○○
うん。
お仕事あるのに帰ってきたの?
平野紫耀
平野紫耀
あなたに会いたくなって!
本田○○
本田○○
ありがとう(●︎´▽︎`●︎)
あなた、紫耀くん大好き(*^ω^*)
平野紫耀
平野紫耀
俺も、、
本田○○
本田○○
バイバーい‼️
平野紫耀
平野紫耀
うん!
|*´ー`*)ノ|Ю ガチャ
本田○○
本田○○
ε=(・д・`*)ハァ…

普通夜には帰ってくるでしょ。
朝に帰ってきたとか、怪しすぎ笑
東条○○
東条○○
(´-д-)はあ
私をそんなにバカだと思わないで欲しいわ笑
東条○○
東条○○
ンッれぇ……ンッ…
永瀬廉   (裏   ○○にしか見せない
永瀬廉 (裏 ○○にしか見せない
なん?
もっと、声出せ
東条○○
東条○○
アッ…ヤアッ
そこっやだぁ
永瀬廉   (裏   ○○にしか見せない
永瀬廉 (裏 ○○にしか見せない
ここがええん?
東条○○
東条○○
ンッア゙ア゙ア゙ア゙ア゙
東条○○
東条○○
イクッイッチャウ……ンアアアア
永瀬廉   (裏   ○○にしか見せない
永瀬廉 (裏 ○○にしか見せない
早いなイクの。
まだまだやから。
私はまた、廉と体を重ねていた。
私が浮気したのはちょうど1年前くらいかな
紫耀と付き合って、3年目の頃……
本田○○
本田○○
紫耀〜‼️
平野紫耀
平野紫耀
ん?
本田○○
本田○○
今日はなんの日でしょうー?
平野紫耀
平野紫耀
え?
あっ!
俺らの記念日‼️
本田○○
本田○○
せいかーい‼️
本田○○
本田○○
お祝いしよ……
平野紫耀
平野紫耀
ごめん
本田○○
本田○○
え?
平野紫耀
平野紫耀
あのさ、今日仕事急に入って……
本田○○
本田○○
本田○○
本田○○
そそ、そうなんだ……
本田○○
本田○○
わ、わかった(´∀`)
大丈夫だよ…………………………………
なんで?
この前、絶対記念日は空けておくって、
約束したじゃん




最近、紫耀の様子がおかしい。

ずっと、携帯ばっか握ってて、私が話しかけても上の空













紫耀が寝てる間に携帯とか見れるけど、

私にはそんな勇気はない。




浮気してるのは、確信してないし、
話すことも出来ないから、














私たちの関係はギクシャクしていくばかり。
本田○○
本田○○
紫耀、はなれていっちゃ、嫌だよ……( ̄^ ̄゜)グスッ
そこで私は、
本田○○
本田○○
もういいや!

今日は、お出かけしよ!
紫耀の為に、せっかくオシャレしたんだから、
もったいない。





気分が憂鬱だったから、その日は今までしたことないしっかりとしたお化粧をして家を出た。




もちろん洋服も変えて。























けど、、



このせいで、






あんなことになるなんて










思いもしなかった