無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

5秒で答えて ーおまけー

嘉将「ストリートピアノのやつ僕よく道連れにされて見せられます」


『ごめん、好きだから一緒に見たくなっちゃうの』


嘉将「、ふふ(笑)」


『照れてる無理可愛いちゅーしちゃいたい』


BBZ「「ダメだから何言ってんのお前」」









竜太「早口言葉のとこなんて言った?」


『え、まさちゅーせっちゅしゅー』


「「爆笑」」


『え、なに違う?』


竜太「マサチューセッツ州ね?(笑)」


『ねぇ早く言ってよめっちゃ恥ずかしいじゃんっ!(照)』








『てかなんでグループ名の文字数そんなに早く言えるの?なに、数えたことあるの?』


嘉将「いや、(照)」


『……うん、ごめん、よしくんの照れポイントがわからない。』


流星「上に同じく。」








『超美人だったらお風呂入るとかアウトでしょ(笑)』


竜太「男はみんなそんなもんだよ。ね?」


BBZ「「……」」


竜太「っえ、」


『はい残念竜太くん変態確定。男性とデートをしますの人いるよここ』


未来「男性とデートって言い方がなんか、……ねぇ?(笑)」


嘉将「へへっ、(照)」


『よしくん今日照れすぎじゃね?!』


流星「上に同じく。()」


竜太「今日あなたとよっしー絡み多すぎない?!」


BBZ「「……((心:いつものことじゃん。))」」


竜太「っえぇ?!」

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

さく。
さく。
Love Dream Happiness FANTASTICS S.Nanajima BALLISTIK BOYZ Y.Kano ................................................... 初心者です お手柔らかによろしくお願いします
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る