無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第26話

第二十六話
今回の鬼は私が考えた鬼で、輪投げの血気術を使うやつです
おにぃ
みんな遊ぼぉ!
そう言いながら鬼は輪投げを投げてきた
輪投げは見事に電信柱に当たった
電信柱に当たった輪投げは電信柱を締め付けていく
思川凛袮
思川凛袮
あの鬼の血気術に当たると絞め殺されるんだ
冨岡義勇
冨岡義勇
水の呼吸  壱の型  水面斬り
鬼は冨岡さんの斬りを"吸収"した
冨岡義勇
冨岡義勇
なっ、、、
大丈夫吸収されない技はあるから
思川凛袮
思川凛袮
夢の呼吸    肆の型    夢見桜  桜楼の走馬灯
この技は吸収されないから
おにぃ
( っ⦿o⦿c)グァァァァ
思川凛袮
思川凛袮
地獄へ逝け
冨岡義勇
冨岡義勇
(俺が斬れなかったのに、凛袮はすごいな、、)
思川凛袮
思川凛袮
大丈夫?冨岡さん怪我ない?してたら応急処置くらいできるよ?一応蝶屋敷で働いてるから
冨岡義勇
冨岡義勇
大丈夫だ、、、ありがとう
思川凛袮
思川凛袮
ほんとにこいつのせいで、でも人間だったんだよね、もう鬼になんなよ
冨岡義勇
冨岡義勇
(怒っているのに、何故か穏やかな気配)
思川凛袮
思川凛袮
ねぇ遅いし、どうしよう、、、
冨岡義勇
冨岡義勇
蝶屋敷に帰りにくいか?
思川凛袮
思川凛袮
うん!
冨岡義勇
冨岡義勇
うちに来るか、、、?
思川凛袮
思川凛袮
いいの!?
冨岡義勇
冨岡義勇
ついてこい
冨岡さんのお家はでっかかった
思川凛袮
思川凛袮
ご飯食べようよ
冨岡義勇
冨岡義勇
俺はいい
思川凛袮
思川凛袮
じゃつくるね
冨岡義勇
冨岡義勇
なっ、、、(凛袮の手料理だとっ((o(。>ω<。)o))
思川凛袮
思川凛袮
いやだった?
冨岡義勇
冨岡義勇
いややっぱりお腹が空いてきた
思川凛袮
思川凛袮
ほんと?じゃつくってるから冨岡さんはお風呂入っててね?
冨岡義勇
冨岡義勇
分かった
続く