無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第35話

第三十五話
ー夏祭り当日ー


会場
思川凛袮
思川凛袮
おっくれたぁ!
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
いやまだ全員来てませんから
思川凛袮
思川凛袮
しのぶさんの浴衣可愛い!
甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
蝶柄ね♡
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
甘露寺さんはピンクの浴衣で可愛らしいですよ
甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
本当!?嬉しいわ
伊黒小芭内
伊黒小芭内
すまん遅れた、、、!?(  ゚ཫ ゚)ゴフッ
思川凛袮
思川凛袮
はぁ、、(蜜璃ちゃんの可愛さにやられてる)
冨岡義勇
冨岡義勇
、、、ཾཫཾ
思川凛袮
思川凛袮
はぁ(しのぶさんの可愛さに、、、)
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
(凛袮の可愛さにやられてますね)
冨岡義勇
冨岡義勇
(凛袮天使)
全員集まった→雑いお
思川凛袮
思川凛袮
ねぇ冨岡さん一緒に回ろぉ!
冨岡義勇
冨岡義勇
いいのか?
時透無一郎
時透無一郎
僕もいい?
思川凛袮
思川凛袮
いいよ!
伊黒小芭内
伊黒小芭内
甘露寺一緒に回ろう
甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
はい!(伊黒さん素敵)
伊黒小芭内
伊黒小芭内
食べたいの全部奢るからな
甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
(*´`)♡
思川凛袮
思川凛袮
はぐれるからさ手繋ご
冨岡義勇
冨岡義勇
なっ、、、俺が繋いでいいのか?
時透無一郎
時透無一郎
んじゃ僕が
そう言って無一郎は私の手を握った
思川凛袮
思川凛袮
もぉう!私が握るからね、はぐれるよ、、、
今右手に無一郎、左手に冨岡さんって状況
思川凛袮
思川凛袮
なんか食べたいのある?買ってあげる!
冨岡義勇
冨岡義勇
え、、、(ここは男が奢るんじゃないのか?)
時透無一郎
時透無一郎
僕が奢るからいいよ凛袮
思川凛袮
思川凛袮
私いつもお世話になってるし、、、
この討論が5分続いた
一方その頃、、、
伊黒小芭内
伊黒小芭内
たこ焼きを30個頼む
お店の人
えっ、、、かしこまりました、、、
甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
伊黒さんほんとにいいの?
伊黒小芭内
伊黒小芭内
俺が奢りたいんだ大丈夫だぞ
おばみつ尊い
そしてお店の人大変
不死川実弥
不死川実弥
おはぎはあるかァ?
夏祭りにおはぎなんてあるかよっ!
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
アオイ達にお土産を買いましょう
みんな楽しんでるみたい
他の柱は後でかく
思川凛袮
思川凛袮
たこ焼きってさ生地だけ食べたいよねぇ
時透無一郎
時透無一郎
それじゃただの生地だよ
思川凛袮
思川凛袮
そっかぁ、、、
冨岡義勇
冨岡義勇
なぁ、、、凛袮ほっぺに生地ついてる、、、
思川凛袮
思川凛袮
え、どこどこ?
時透無一郎
時透無一郎
いやそっちじゃなくて右だってば
冨岡義勇
冨岡義勇
ここだぞ、、、
そう言いながら冨岡さんは私のほっぺに手を伸ばし生地を取った
思川凛袮
思川凛袮
あぁ!それかぁ
冨岡義勇
冨岡義勇
(。・н・。)パクッ
思川凛袮
思川凛袮
あ?
今私の食べこぼしを冨岡さんが食ったぁぁぁ!?
時透無一郎
時透無一郎
冨岡さんなにしてんの?
思川凛袮
思川凛袮
いやその、、、///
時透無一郎
時透無一郎
(冨岡ァァァ)
冨岡義勇
冨岡義勇
いや付いてたから取っただけだが、、、
時透無一郎
時透無一郎
(だからそれを食うなぁぁぁ)
思川凛袮
思川凛袮
いやもうお手洗い行ってますね!?
時透無一郎
時透無一郎
1人じゃ危ないよ?
もうお気づきだろう
お手洗いの時不審者に声をかけられるとゆうこと
お手洗いなんて本当は行きたくなんてない
モブ
モブ
ねぇ君?
思川凛袮
思川凛袮
はい、、、?
モブ
モブ
俺と遊ばない?
思川凛袮
思川凛袮
いや、、、今すごい事が起こってちょっと受け入れられてないんでごめんなさい、、、
モブ
モブ
(こんなに思い雰囲気!)
モブ
モブ
まぁそうゆう時あるよね
思川凛袮
思川凛袮
ですよね、、、
モブ
モブ
元気だしな!じゃあね
時透無一郎
時透無一郎
凛袮、、、
思川凛袮
思川凛袮
無一郎!
冨岡義勇
冨岡義勇
さっきのはだれだ、、、?
思川凛袮
思川凛袮
あぁ、、、モブさんだよ
冨岡義勇
冨岡義勇
知らない人には構っちゃダメだ
思川凛袮
思川凛袮
はぁい、、、相談に乗ってくれたしなぁ
長くなるんで続く