無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

第八話
私は自給自足の生活で住むところが無い、、、
宿をさがすか、、、
でも今日は野宿でいいや、、、
次の日
思川凛袮
思川凛袮
そろそろお家欲しいなぁ、、、
そう思っていると、、、
凛袮の烏
カァカァ午後に蝶屋敷にイケェー胡蝶しのぶの伝言カア
思川凛袮
思川凛袮
え(私なんかしたっけ、、、)
そう言ってしのぶさんに何かしたかなと考えていると、、、午後になった、、、
ー蝶屋敷ー
私がごめんくださいと言おうとしたら
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
いらっしゃい凛袮
思川凛袮
思川凛袮
しのぶさん、なんで私は呼ばれたんでしょうか?
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
え、歓迎会ですよ、、、
しのぶさんはキョトンとしてそう言った
中に入ると騒がしい部屋が一つあった
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
さぁ入って
言われるがまま入ると、、、
凛袮!柱就任おめでとう!
思川凛袮
思川凛袮
あ、ありがとう
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
凛袮の為に皆さん張り切ってますよ
思川凛袮
思川凛袮
このご飯は、、、?
甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
お祝いのご飯よ
そうして食べ始めた
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
凛袮、欲しいものってある?
思川凛袮
思川凛袮
い、家、、、
時透無一郎
時透無一郎
今なんて?
思川凛袮
思川凛袮
家、、、!
伊黒小芭内
伊黒小芭内
お前、、、家無いのか、、、
宇随天元
宇随天元
いつもどこで生活してるんだ?
思川凛袮
思川凛袮
宿を転々としています
煉獄杏寿郎
煉獄杏寿郎
よもや!うちに来るといい!
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
ダメです。うちで預かります
不死川実弥
不死川実弥
家を建ててあげればいいんじゃねぇの?
冨岡義勇
冨岡義勇
女一人暮らしで未成年、、、危ない、、、
思川凛袮
思川凛袮
そんな、、、
悲鳴嶼行冥
悲鳴嶼行冥
うちに来るか?
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
いえいえ、うちで預かりますよ、男性の家はダメです
冨岡義勇
冨岡義勇
何故ダメなんだ?
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
手出しますよね?
思川凛袮
思川凛袮
、、、?
甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃
うちはどうかしら?
思川凛袮
思川凛袮
私結局どこのお家に行けばいいんですか、、、?
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
うちです
思川凛袮
思川凛袮
じゃあしのぶさんの家で
時透無一郎
時透無一郎
(胡蝶さん、、、漁夫の利だ、、、)
そうして私は蝶屋敷に住まわせてもらう事になった
続く