無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

第六話
言った通り午後も柱のみんなが来ました

次の日
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
おはようございます
思川凛袮
思川凛袮
おはようございますしのぶさん
もう任務に復帰出来そうですか?
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
もう大丈夫ですよ
思川凛袮
思川凛袮
やったぁー
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
あ!任務に行く前にあって欲しい人がいます
思川凛袮
思川凛袮
だれ?
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
入っておいでカナヲ
栗花落カナヲ
栗花落カナヲ
凛袮ちゃんだよね、、、?
私栗花落カナヲ
思川凛袮
思川凛袮
カナヲちゃんよろしくね
凛袮の烏
凛袮ぇ西の町で鬼がでているぅ
思川凛袮
思川凛袮
い、行かなきゃ、、、じゃあねカナヲちゃん、しのぶさんも
炭治郎君も善逸さんも伊之助君もねずこちゃん、、、
まだすやすやと眠っている炭治郎達に静かにお別れした、、
ー西の町ー
思川凛袮
思川凛袮
(来たは良いけど、、、夜にならないと鬼はでない、、、)
思川凛袮
思川凛袮
(そうだお団子食べよう)
ー和菓子屋ー
思川凛袮
思川凛袮
すみませんお団子一つ下さいな
お店の人
分かりました
はいどうぞ
思川凛袮
思川凛袮
ありがとうございます代金はこれで
私は代金を渡して近くの椅子に座って食べていた
モブ
モブ
ねぇ君可愛いね
思川凛袮
思川凛袮
え、わたしですか?
モブ
モブ
そうだよ君だよ俺と遊ばない?
思川凛袮
思川凛袮
嫌です
思川凛袮
思川凛袮
私用事があるので
そう言って足早に去った
思川凛袮
思川凛袮
(怖かったぁ)
そして夜、、、
続く