無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

第九話
こうして私の歓迎会は終わった
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
部屋を用意しますね
思川凛袮
思川凛袮
へ、部屋なんてもったいないです
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
じゃあ何のために蝶屋敷に住むんですか?
思川凛袮
思川凛袮
あ、そうだったわ、、、
ほんと馬鹿だなぁ私
栗花落カナヲ
栗花落カナヲ
ねぇ凛袮ちゃん、、、ここに住むんだって?
思川凛袮
思川凛袮
あ、うんよろしくね
栗花落カナヲ
栗花落カナヲ
凛袮ちゃん私より年下なのに柱ですごい、、、
思川凛袮
思川凛袮
あ、ありがとう、、、カナヲはしのぶさんのつぐこ?
栗花落カナヲ
栗花落カナヲ
うん、まだまだだけど
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
部屋の用意できました、空き部屋があってよかったです
私の部屋は、、、すごかった
思川凛袮
思川凛袮
こんな部屋もらっていいんですか?!
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
ええ、いいんですよ
机もベットも棚まである、、、
思川凛袮
思川凛袮
あの!こんなにいい部屋に住まわせてもらうし、、、その、、、看病を手伝っていいですか?
胡蝶しのぶ
胡蝶しのぶ
いいですよ、アオイやなほ、きよ、すみに聞いてください
なほ?きよ?すみ?
すみ
すみ
こんにちは!
なほ
なほ
凛袮さんですよね?
きよ
きよ
しのぶ様から聞いてます!
思川凛袮
思川凛袮
貴方達がなほちゃん、きよちゃん、すみちゃん?
なほ
なほ
はい!私はなほです
きよ
きよ
私はきよ!
すみ
すみ
すみです!
思川凛袮
思川凛袮
覚えたよ、よろしくね
すみ
すみ
よく間違われるんです
思川凛袮
思川凛袮
ごっちゃになっちゃうもんね
アオイ
アオイ
あの凛袮さん、看病手伝ってくださるんですか?
思川凛袮
思川凛袮
アオイちゃん、うん、手伝いたいなって
アオイ
アオイ
助かります
そうして私は医療のことについてアオイちゃんに教えてもらった
思川凛袮
思川凛袮
おぼえられるかな、、、
アオイ
アオイ
大丈夫です、今は医療的な手伝いは任せません
思川凛袮
思川凛袮
ごめんね
アオイ
アオイ
そんな、人手が足りない時もあるので本当に助かります
良かった、、、私、、、力になれるんだ、、、
続く