無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

第二十五話
蝶屋敷で隊員の治療ってめっちゃ大変でした
舐めてたわ
善逸君とかの相手しなきゃいけないし
任務があるしぃ
思川凛袮
思川凛袮
私任務だから行くね?
時透無一郎
時透無一郎
えー
我妻善逸
我妻善逸
凛袮ぇ
思川凛袮
思川凛袮
冨岡さん待たせちゃいけないから
そう、あの冨岡さんと任務なのだ
無口だし、話すことないじゃん
竈門炭治郎
竈門炭治郎
任務頑張ってください
思川凛袮
思川凛袮
ありがとう炭治郎君
鴉の案内で着いたところに既に冨岡さんはいた
思川凛袮
思川凛袮
すみません!!
冨岡義勇
冨岡義勇
大丈夫だ、、、鬼は夜に出るからな、、、
思川凛袮
思川凛袮
はぁ、、、ほんとに待たせて怒ってるかと思いました
冨岡義勇
冨岡義勇
怒るわけないぞ、、、
冨岡さんって本当は優しいのかなって思った
思川凛袮
思川凛袮
冨岡さんって本当は優しいんですね
冨岡義勇
冨岡義勇
Σ(°꒫°๑=͟͟͞)➳♡ズキュン
冨岡義勇
冨岡義勇
や、優しくなんてないぞ
思川凛袮
思川凛袮
ふふっ(可愛い)
冨岡義勇
冨岡義勇
と、とにかく、鬼の情報集めるぞ
思川凛袮
思川凛袮
はいはい
まず和菓子屋さんでお団子を食べるついでにお店の人に情報を聞いた
お店の人
鬼、、、?あぁあの怪奇な殺人事件の犯人って言われてるけど、なんとも女らしいよ
冨岡義勇
冨岡義勇
ありがとうございました、、、
お店の人
君たちみたいな恋人同士も気を付けてね?
思川凛袮
思川凛袮
こっ恋人じゃありません!
お店の人
そうかいw
お団子を食べながら冨岡さんと話をした
思川凛袮
思川凛袮
お店の人ったら、もぉー冨岡さんにはしのぶさんがいるってゆうのに、、、
冨岡義勇
冨岡義勇
俺は、胡蝶のこと好きではない
思川凛袮
思川凛袮
照れ隠しか?可愛いね
なんか冨岡さんと仲良くなった気がする
ー夜ー
思川凛袮
思川凛袮
さぁどこからでもかかっておいで
続く