無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

10.
あれから ずっと
ドキドキしていた


「俺は、正直やだよ」

って言葉を
思い出すたびに
顔が熱くなった
 
モトキ
モトキ
勉強教えて下さい
お願いします
って
なぜか敬語の文の
LINEが来た



うん
モトキくん
絶対焦ってる…
わたし
わたし
いいけど
何、どうした?
モトキ
モトキ
明日テストなの忘れてた
普通にヤバイ感じです
わたし
わたし
じゃあ、うちで待ってる
モトキ
モトキ
土下座


普通に
うちに誘ってしまった



いや、勉強するだけだし



別に、ね



何もないよ