無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

09.
モトキくんは
もっかい座り直してくれた



私が引き止めたのに
なかなか言葉が出てこなかった










すると






俺、正直やだよ


って
モトキくんが呟いた






だけど
一応断りに来た、一応ね
お前がいいよって言わないの
わかってて聞きに来てるから






そう言ってくれた






嬉しかった
どきどきした
本当に嬉しかった









ありがとう


心がいっぱいになって
これしか言えなかった







チャイムが鳴り モトキくんは
じゃぁなって帰って行った





ずっと 表情は変わらなかったけど
心がいっぱいに満たされた


きゅんて痛くなったぐらい