無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話

17.
私もちょっとイラッとして
強めに言うと


モトキくんがハッとして
また
ごめんって謝った


















俺はあなたが好きだよ

ってモトキくんが言った










隣にいたときに
純粋にキスしたいと思って
しまった、から

ごめん、の意味は…
勝手だったからのごめん、です



















好きって本当?
って聞くと





嘘で言うか!
って怒られたけど

あっ!ってなって
ごめんってまた
モトキくんが謝った














私はずっと好きなんだよ
って言うと






知ってる

だって



















なんか
ちょいちょい引っかかる
モトキくんの言葉だけど

それがモトキくんだから

結局 笑って許した


































ちょっとだけって言ったから
もう帰るわ!


って言うから


わかったって返事をした










そしたら

ツカツカと近寄って来て