無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第20話

20.

え?うわぁぁぁー


って
モトキくんは腰を抜かして
座り込んでしまった










私が笑ってると




やられたわ、って
かなりびっくりしていた









いつも余裕ぶってる
モトキくんが
焦ってる姿は可愛いくて
仕方がなかった









いじわるだけど
そんな彼が大好きだから

いじわるし返してみた




これからも
こんな感じで
やっていきます



されっぱなしじゃ
悔しいからね











じゃぁね、モトキくん
おやすみ、また明日ね!






-END-