無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

08.
ねぇ?
部活の先輩の知り合いが
おまえの連絡先知りたいんだって





(ん?ん?)

すぐには
理解出来なかった






だから
一応、断りに来た
って
真面目な顔をした





いやいや
昨日の出来事は?
って 言いたかったけど

それよりも






その
教える前提で
断りに来ないでよ
って
ちょっとだけ怒った




わかった
じゃぁダメだって言っとくー!


モトキくんは
表情を全く変えず

ポッキーをぽりぽりしながら
淡々と話した






いやいや
そういうことじゃない






ごちそうさま
じゃっ!

って
いなくなろうするから

思わず
待って!って引き止めてしまった