無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

14.

モトキくんのことは好きだ
大好きだ





でもなんか

心がギュッとした










なんで いきなり
キスしたの?






あのときの
急に 真面目になった
顔が浮かんできて
なんだか 怖くなった








モトキくんだけど

モトキくんじゃないみたいで
悲しかった







お風呂に入りながら
ずっと考えてた





モトキくんは
私のことをどう思ってる?


モトキくんの好きって
なんなんだろうって






好きだよって言ってくれたのは
どういう意味だったんだろう

今になって悩んでしまった







お風呂から出ると
LINEが来ていた