無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

11.


目の前に

シャーペンをくるくる回しながら
へぇーとか
ほーほーとか言いながら
勉強を聞いてくれる
モトキくんがいた



不思議…
なんて思いながらも



私も
これがあーだこーだ言いながら
勉強を教えていた








じゃぁこの問題やってみて

って 練習問題を
モトキくんに出してみた






え?どれ?
小さくて見えない!
って言いながら


目の前にいたモトキくんが
横にスッとやってきて
カリカリと問題を解き始めた







ち、近い…






ドキドキしたけど

平常心!平常心!って唱えて
私も問題を解いてみた











ねぇ!?





急に呼ばれて
振り向くと