第4話

ぶっとい棒状のもの入れるやつ
324
2022/12/12 07:00
村瀬 タクヤ
お、そろそろこの時期か。
コンパス
そうね……最近放課後ぶっ通しでえっち、…////してたわけだし…////
村瀬 タクヤ
そろそろコンパスの穴にぶっとい棒状のものを入れなくては……!!
コンパス
変な言い方しない!!/////
そう、僕のコンパスは……


僕の可愛い可愛い世界一いじらしく優しく魅力的なコンパスは(言い直し)


シャーペン式なのである。

つまりは、芯の入れ直しが必要だ。
僕は彼女のひっくりかえし、いつも芯の切れた芯先の部分の器具をとり、空洞を作る。
コンパス
(股開きすぎでは……?////)
そして僕は、芯を出すための押す部分を押した。
「フシュゥ」
コンパス
あんっ♡♡
……………………。


………………………………。
村瀬 タクヤ
なんで喘いでいるんだ真剣にやれ。
コンパス
君こそなんでムラムラしてるのさ!!/////
ムラムラしてるなんてとばっちりな、ただちょっと勃起してるだけじゃないか。
コンパス
君がえっちな気持ちを持って私に触れるとそれが私にも伝染しちゃうんだって説明したじゃない!
村瀬 タクヤ
いや、自分で言ったものの今からコンパスの穴にぶっといものを入れるんだと思うと……/////
コンパス
バカ!バカタクヤ!!/////
それにしても……芯が入ってないと、あんな空気音がなるんだな。

まるでポンプのようで…………えろかった。
「フシュゥ、フシュッ、フシュゥ、」
コンパス
ぁっ♡ちょ、や……!/////
コンパス
やめ、それ……ずるいぃ♡♡
そんなとろけた声をだすそっちの方がずるい。


僕はズボンを脱ぎ、自身の息子をあらわにした。

彼女から空気を出している利き手(右手)とは逆の手で勃起した息子を触る。
コンパス
キミ、は本当にすぐ勃起するよね…/////本当に怖…ッひゃぁん♡♡
村瀬 タクヤ
……コンパスだからに決まってるじゃん。コンパスこそなんでそんなすぐ喘ぐわけ?
コンパス
…………~~っ、タクヤがえろいから伝染したの……/////
村瀬 タクヤ
……っ!!/////
はー、本当に……ずるい。
「シュッシュッシュッシュッ」
コンパス
はぁッ?!/////激しっ、ちょ、待って!んああ……っ?!/////
コンパス
バカタクヤ!////こんな、急に……っっ……そこ、ダメッ/////
「シュッシュッシュッシュッシュッシュッシュッシュッ」
コンパス
あああああん……っっ♡♡♡
コンパス
はぁーっ、♡はっ、♡
も、無理……ぃ、……////
村瀬 タクヤ
何言ってんの?
コンパス
へ?
村瀬 タクヤ
これからシャー芯入れるんだよ?
コンパス
………………ちょ、待って。いや、嘘でしょ?
コンパス
それにも興奮するとか……言わないよねぇ?/////
村瀬 タクヤ
僕まだギンギンだけど。
コンパス
タクヤのド変態ーーーー!!うわーーー!!!!



次回、ぶっとい棒状のものを入れるぞ☆

プリ小説オーディオドラマ