無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

1話
冨岡雪
わー!!
お母さん!!私の靴下は!?
冨岡しのぶ
昨日洗濯しましたよ?
冨岡雪
なんでよー!!
もー!間に合わない!!
冨岡しのぶ
でしたら、私の靴下使います?
冨岡雪
えっ?サイズが合うか心配だけど、ありがとう!お母さん!、、、入った!!
じゃ!行ってきまーす!!
冨岡しのぶ
それは良かったです!
あっ!雪!!炭治郎達も連れてって!
冨岡雪
えー!?
もー!炭治郎ー!早くー!
冨岡炭治郎
待ってよ!姉ちゃん!!
禰豆子!終わったか?
冨岡禰豆子
むー!むー!訳(入んないよ~>_<)
冨岡炭治郎
ええっ!?
姉ちゃん!!禰豆子が靴下入んないって!!
冨岡雪
ええっ~?
よいしょ、よいしょ、入った!!
いくよ!
冨岡禰豆子
むーむー!訳(ありがとう!お姉ちゃん!(ニコッ
冨岡雪
(ズッキューン💕
禰豆子の可愛さは、反則、、、
冨岡炭治郎
姉ちゃん!間に合わないんじゃないの!?
冨岡雪
あっ!そうだった!!
禰豆子の可愛さに負けてた!ごめんね!
いこっか!
冨岡炭治郎
もー!
うん!
冨岡禰豆子
むー!訳(うん!
冨岡雪
今度こそ行ってきまーす!
冨岡禰豆子
むー!むー!訳(行ってきます!)
冨岡炭治郎
行ってきまーす!!
冨岡しのぶ
行ってらっしゃい!
冨岡無一郎
ママぁー!
僕も靴下入んないぃ~!
冨岡しのぶ
えー!?
、、、よし!入りましたよ!
冨岡無一郎
ありがとー!ギュー
冨岡しのぶ
ふふっ!よしよし
冨岡しのぶ
お父さんー!
冨岡義勇
どうした?
冨岡しのぶ
無一郎を保育園に連れて行ってくれますか?
冨岡義勇
わかった。無一郎、いくぞ!
冨岡無一郎
うん!
冨岡実弥
待てよ!!
俺を忘れんな!!
冨岡しのぶ
あら!すいません!
お父さんー!実弥も!
冨岡義勇
ああ、そうだったな
冨岡実弥
完全俺を忘れてんじゃねーかよ!!
冨岡しのぶ
実弥!もう行きなさい!
冨岡実弥
へいへい
冨岡しのぶ
もー!
作者
朝から大忙しのしのぶママでした!