プリ小説
一覧へ

第4話

ドギマギはヤキモチ
席が離れて1日目になった。
普段なら朝から話せる優と私だが席が離れるとお互いが避けてるんじゃないかと思うくらい話さない。
なぜだかドギマギしている。

そのかわり優の話してるのは彼の隣のあの子。
仲良く話してる姿を見ると
どんどん優の中で私がいないんじゃないかって考えてしまう。


これが恋愛なのかなって思った時もあった。
あなた

(いや。ありえない、絶対、認めたくない)

そんな強気な気持ちだけどもう不安で私の気持ちは押しつぶされそうになっていた。

席が離れてから気づいた。

席が近いなんてあたりまえじゃないこと。
普段通り毎日話せるなんてあたりまえじゃないこと。
私の他にも優には女の子って思ってる子がたくさんいること。

なんで一年半一緒にいて分からなかったんだろう。
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
私 優が好きなんだ。ずっと前から
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
今日確信した。
このドキドキは優に対しての恋愛感情だった
このドギマギは優に対してのヤキモチだった


私 初恋をしました

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

赤嶺
赤嶺
「 告白 」
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る