無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

1
空を見上げて












のあな
のあな
おはよっ!
はるた
はるた
おはよっ!











っとつぶやいた












2年前




二学期の始業式┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈







あなた

はるたの家のインターホン)
ピンポーン
はるたー?
行くよー!

はるた
はるた
ごめん
俺頭痛いから休む
あなた

分かったー

あなた

あっ!りこだ!

りこ
りこ
あっ!あなたおはよぉー
あなた

おはよぉー

りこ
りこ
一緒に行こ!
あなた

いいよー

りこ
りこ
あれ?はるたくんは?
あなた

なんか休みだってさ
頭痛いからとかいって

りこ
りこ
ふーん
























この後はるたがあんなことになるなんて誰も思っていなかったんだ