無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

15
2022/01/13

第3話

T
…ぃ、おい。次お前の番だぞ。
え、あ、あぁ…
T
…お前、最近ボーッとしてるけどなんかあったのか?
……今に始まったことじゃないんだけどな…昔から決まった夢見るんだよな…
T
決まった夢…?
昔に体験したことでさ、ほら、この近くの神社あるだろ?その境内で誰かと話してる夢なんだよ。
T
この近くの神社っつったら『夢見神社』だろ?
通称、な。なんか引っかかるんだよなぁ…あそこで話した人なんていたかぁ…?お前くらいだと思うんだけど……思い当たる節もねぇし…
T
…お前それ疲れてんじゃねぇの?昔体験した時の夢…あぁ、お前の場合はしたであろう時の夢か。を
何回も見るのって頭が回転してない時に見やすいって言うし、最近寝れてねぇだろ。
寝れてないのはそうだけどな…パッと起きれねぇし…やっぱ疲れてんのかな…
T
…ま、もし不眠が続くようであれば病院行けよ?
おう。さ、続きしようぜ。早くしねぇと時間無くなっちまうしよ。
T
はぁ?お前が止めたんだから、時間延長くらいしろよ
やだよ、俺そんなに金持ってきてねえし
T
じゃあ今は俺が払ってやるから後で覚悟しろよ。きっちり請求してやる
めんどくせぇなぁ…またいけばいい話だろ…
T
お互い忙しいから会えねぇだろ。お前ほんとに大丈夫か?1週間後テストあんのわかってるよな?
バカにしてんの?そのくらい覚えてるわ。
T
せっかく善意で確認してやったのによぉ〜…どうなってもしらねぇぞ?
その言葉そっくり返すわ。この前のテストの直前に「ここ教えてくれ」って頼み込んできた癖に。後悔してもしらねぇぞ
T
こ、今回は自分でやってやるよ!!
おーおー、頑張れ〜。…ったく……
(ま、どうせ今回も最後の最後で泣きついてくるんだろうな。)
7/25(月)   天気:☀️    p.m…17:31