第17話

16
161
2021/06/22 09:49
―12月24日―
LINE
あなた

お疲れ様~。今日はどんな感じ?

冬休みに入り、クリスマスイブを迎える。
会う約束はしていたけど、任務から帰えれるか微妙て言われていたし、私は年明け早々、入試があるから手が空く時間はなるべく勉強に没頭したかったんだ。

祥子に会った時に、多忙過ぎてイライラ気味って聞いてたから、催促メールはほどほどにしておいた。
この日、彼からの返信は私が送信してから半日経ってからだった。
五条
ごめん、深夜になるかも。
明日には会えるかなぁ
25日に日付が変わり、眠ろうとした頃電話が鳴った。
五条
おつかれ~。
今寮の前なんだけど、寒み~
あわてて玄関に出てみると、
寒そうにしゃがんでいる五条がいた。
あなた

お疲れ様。寒いね~

立ち上がるやいなや、すかさず抱きしめられた。
五条
あったか~。
ちょっと、このまま暖めさせて~
寒かったね。お帰りなさい~
あなた

うん。

五条
部屋で暖まるのもいーねー
疲れたよね。ノンビリしたいね。
あなた

うん。

五条
あま~いコーヒー飲んでさ、暖まるのもいーよなー
ホッと一息つきたいよね。お腹すいた?
あなた

うん。

五条
てか、ベッドの中でイチャイチャ
暖め合うだけでいーよねー
そこありきだな。
あなた

・・・・・

最近、この手の表現が多くなった。


あなたの部屋
五条
部屋あったか~。コーヒー付きなんて
あなた、気が利くねぇ~ウマッ
ポッキーいただき~
はしゃぐ五条が可愛く見える。
こんなことなら、ケーキ買っておけば良かったな。
あなた

ケガしてる所はない?手当てくらいならここでできるからね。

五条
ないなーい。オレ強いから。
しっかし、キョロキョロ
殺風景な部屋だなぁ。
もーちょと、ぬいぐるみ置くとかさ。
淋しくならねー?観葉植物だけって。
あなた

イヤイヤ、ぬいぐるみって…
うーん。スッキリした方が好きだし。
…五条がいてくれるから淋しくないかも…ハハ

五条
素直じゃーん。
あなた

…ハハハ。なーんてね。
ちょっと言ってみたかっただけ。フフフ
それ飲んだら帰ってね。ここ女子寮だからさっ。捕まるよ~

ベットに座ってたあなたの隣に彼が座ってきた。
頭をポンポンポンと大きな手が包み込む。
安心しているせいか眠気を誘う。

心地好いリズムが止まり、フと彼を見ると澄んだ瞳で私を見つめてた。彼の顔が近付き目を閉じた瞬間、唇が重なった。
あなた

・・・ン。

五条
………(押し倒し、唇を離す)
あなた

・・・

見つめ合う。これ以上先に進んでしまったら
引き返せない。何かが変わってしまいそうで、
怖かった。
五条
…ん。チュッ(おでこにキスする)
今日は、帰るわ。
そう言って、重なっているカラダを離した。
怯えてるように見えたのかな。
あなた

…ごめん。

五条
同意なくこんな事したら犯罪者じゃん。しかも女子寮で。
本気で捕まんだろ~。ハハハ
あなた

…ハハ、だね。

年末は寮生も帰省したりして、ずいぶん静かになる。受験勉強に集中できた。

そして年は明け、私は大学受験に合格した。