無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

126
2018/06/18

第4話

宿の鏡に写る物
作者ヨッピー
おじさんの宿に行くと、見た目は古民家っぽい。
しかし中に入ってみるときれいな玄関があった。
すると中からおばさんが出てきた。
おばさん
よくいらっしゃいました。おじさんから話は聞いています。
ゆっくり休んでいって下さい。
和(ひより)
今日はありがとうございます。
部屋に入るとバス・トイレと大きなベットがあった。
和(ひより)
今日は疲れたしお風呂に入ってゆっくりしよう。
ガラガラッ…
お風呂に入りふと体を触ると……
和(ひより)
えっ胸がある。あれ本当に女なの?
顔を上げ、鏡を見ると………確信した。
和(ひより)
(なんで僕は女なんだ。それにしても
僕可愛いな。疲れたし寝よう。)
なんともまぬけな主人公である…………