無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

128
2018/06/12

第2話

気が利く面接官
作者ヨッピー
和(ひより)
へぇーここでハガキにハンコを押していけばいいんですね。
和(ひより)
(時給1000円、ハンコを押すだけこれほど楽な仕事があるだろうか。)
面接員
それではここで仕事を始めてください(フフッ
10分後……
面接員
お飲み物です。どうぞ
和(ひより)
あっありがとうございます(気が利くなー)
20分後……
和(ひより)
(眠いなー)
バタッ……
和(ひより)
あっ寝ちゃった仕事しなきゃ。
和(ひより)
………えっここ何処?
目が覚めると見たことない光景が目に飛び込んで来た…