無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

121
2018/06/12

第3話

気が付くとここは………
作者ぴよ
近くに馬車に乗ったおじさんがいた。見たことない服装だった。
和(ひより)
あのー道に迷ったんですけど、ここ何処ですか?
おじさん
ここかい?ここは王国から10km離れた所だよ。行きたい所があるなら送るよ
和(ひより)
はい、出来ればお願いします。
(へーここは王国から離れた所なんだ……えっ王国?
日本にそんな所あったか?そもそも僕は仕事をしていたはず。)
おじさん
ところでお嬢ちゃんはどこにいくの?
和(ひより)
えーっと王国までお願いします。
(んっ?お嬢ちゃん?僕は男だぞ?)
移動中に王国の事について話を聞いた。
一年は365日、一日24時間。
色々な話を聞いた。
20分後………
おじさん
王国に着いたよー。ところでお嬢ちゃん。もうこんな時間だ泊まる所はあるのかい?
よかったらうちの宿に泊まっていかない?
和(ひより)
えっ!?いいんですか?でも……お金持ってませんよ。
おじさん
お嬢ちゃんは良い人そうだから代金はいらないよ。
そういう訳でおじさんの宿に泊まることになった。