無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

64
2018/06/18

第11話

腕にある赤い模様の真実
作者ぴよ
まぁミサキと色々あったから一緒に訓練に参加することにした
(知らない人は十話を見ましょう)
和(ひより)
オーガ大先生、新しい訓練生を連れてきました
ミサキ
ミサキと言います。よろしくお願いします。
オーガ
よろしく俺はオーガだ!オーガ大先生と呼んでくれ
ミサキ
はい!
オーガ
(和が連れてきたということはミサキもそれなりに強いのだろう)
オーガ
よしっ。和とミサキ、少しこい
和(ひより)&ミサキ
はい!
オーガ
ミサキ、このモンスターを倒してみろ
ミサキ
えっ!?はい
(怖い、だけどやるしかない)
ミサキは足を震わせつつ、正面からモンスターに斬りかかった。
しかしその攻撃は見事にかわされ、ミサキは態勢を崩した。
ミサキ
(えっ!?)
和(ひより)
チッ!
ミサキは目を瞑り体を丸くした
ミサキ
(もうダメ、死んじゃう)
モンスターがミサキに攻撃をした。
グオォーーー
和(ひより)
ミサキ、大丈夫!
ミサキ
えっ。うん
ミサキが目を開けると、和が目の前にいた。腕から血が出ていた。
ミサキ
和。腕から血が!
和(ひより)
大丈夫だから早く逃げて!
和はミサキをかばった。そしてミサキは全速力で走った。
そのときに涙が見えたのは気のせいだったのだろうか……
テスト期間なので更新遅れます。
視聴回数200を超えましたありがとうございます。
byぴよ&ヨッピー