無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第52話

努力する天才。
『もう戻れない所まで来てしまった』
『どうせ全て僕だから 悩むよりはひたすら走る』
『新しい物語が繰り広げられるのを感じたから』


『私の気持ちをわかって欲しい』
『貴方がいるから歩けるんだよ』
『消えないで 変わらないで』
『君を守ってあげるよ 消えないように』
『僕はいつでもここに立っている』

















どのグループのどの歌詞も。
心の底から良いと思えるものばかりだった。







セブチに加入したヨアンは?
...ビックリするぐらい下手で、
セブチメンバーに凄い迷惑をかけていた。










































































































































もしヨアンがそんな感じだったら、
思いっきり嫌いになれるのかな...?




ヨアンは、本当にビックリするぐらい
歌もパフォーマンスもラップも完璧だった。
一生懸命練習してきたんだなって。
努力が滲み出てるようなものだった。



そりゃあ、ウジたちも認めるわけだ。
きっとヨアンは、


ウジも認める歌唱力と、
ホシも認めるパフォーマンス力と、
クプスさんも認めるラップ能力と、
メンバー全員が認める努力する才能を、
全て持ってるんだ。




You
You
...すごいな...((ボソッ))
ヨナ
ヨナ
...あなた?
次もうSoyunの番だよ。
You
You
...うん...











少しだけしかない私の自信。
















その自信は“過去の親友”に



















































いとも簡単に壊されてしまったみたいだ。