無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第46話

直前なんですけどね。



ロゼ side



ウジ
ウジ
とりあえず今ずく
セブチ。の控え室前、な急よ。







ウジからこんなメッセージが
私たちのグループトークに送られてきた。
『、』や『。』のつけ所がおかしいし
誤字りまくってるから、本人も焦っているのだろう。



ロゼ
ロゼ
『とりあえず今すぐセブチの控え室前な。急げよ。』で合ってる?ㅋㅋ
ウジ
ウジ
テヒョン
テヒョン
ごめんちょっと話に着いていけない。
ミナ
ミナ
私も。
イェリ
イェリ
みぃーとぅー
ウジ
ウジ
いいから今すぐ。
ウジ
ウジ
番組始まる前までに話さなきゃ、
また離れていくぞアイツ。
ロゼ
ロゼ
わかった。
ロゼ
ロゼ
みんなも出来るだけ急いで!
時間ないし、ウジも言ってるし。
ナンシー
ナンシー
ロゼが言うなら。
ジノ
ジノ
急ぐね!
ジソン
ジソン
ダッシュで向かいます。
ロゼ
ロゼ
怪我しちゃ元も子も無いからね!?
ダッシュと言うより...早歩きね。
ジフン
ジフン
アイツ走ってった。
ロゼ
ロゼ
ジソン〜〜〜!?!?
























































あなた side



You
You
(...かなりヤバいよね...?)



突然セブチの控え室前に引っ張りだされ、
目の前には怖い顔のウジと超笑顔なホシ。
ウジ
ウジ
....((怒
ホシ
ホシ
.....((笑
Soyun
Soyun
.....((苦笑




ひぇぇぇぇ.....
ウジめっちゃ怖いぃぃぃぃぃ.......
ホシなんでそんな笑ってられるのぉぉぉぉ.......






























番組が始まるまであと2時間。















































私.....どうなる.....!?