無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第53話

Soyunなのか、アイツなのか。


ウジ side
ホシ
ホシ
やーウジ、次ソユンって。
ウジ
ウジ
ああ。
ホシ
ホシ
ソユンのパフォーマンス、
俺見るのはじめてかも!!
ウジ
ウジ
俺は...何回かある。






今思えば
何回も何回も見たはずなのに
なんであの時気づかなかったんだろう。
“Soyun”としての力強いのにどこか優しい声と
“あなた”としての綺麗に透き通っている声。




...確かに聞き分けるのは難しい。










MC)では、Soyunで『IT'S MINE』です。
どうぞ。



ホシ
ホシ
あ、はじまった!((ボソッ))


















.





























今までの“Soyun”の曲は
繊細で触れたら直ぐに壊れてしまいそうなほど

綺麗で優しい声なのに、
歌詞は前向きで力強く、あなたを知る人なら

『あなたらしい』と思える内容のものばかりだった。













なのに、今回は少し違った。









































“私から離れないで”
“貴方の全ては私のものだから”
“私の気持ちに気づいて”
“私が貴方から離れていく前に”
“気づいて欲しかったなんて”
“今更すぎて涙が出そう”
“だからおねがい”



















































































“別れが怖くて離れていったこと”
“お願いだから責めないで”































































これを歌っているのは...
力強く繊細な“Soyun”じゃなくて



























































弱くて脆くて柔らかい、“あなた”なのだろうか。