無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

この人たちなら...。
ツウィ
ツウィ
じゃ、全員終わったところで、
あなたの自己紹介!どぞっ!
You
You
え!?あ...えっと...
キム・あなたです...
フイ
フイ
よっ!!👏🏻👏🏻
ナンシー
ナンシー
じゃあ今日から友だちだね!
You
You
と...友だち...









私は本当に友だちがいていいんだろうか。









また信じて貰えなかったら?









みんなが離れて行ったら?









私は本当に耐えることが出来るの...?








ウジ
ウジ
キム。
You
You
っ、はいっ!
ウジ
ウジ
俺らは離れたりしない。





また読まれてる...



この人は一体何者なんだよ...




テヒョン
テヒョン
なんの事か全く理解できないけど、
俺らに出来る事ならなんでもするよ?
ツウィ
ツウィ
頼ってくれた方が
私たちも嬉しいし!
ジフン
ジフン
誰もツウィには頼らない。
ツウィ
ツウィ
なぬっ!?
スルギ
スルギ
そこっ!喧嘩しないの!
ロゼ
ロゼ
まぁまぁㅋㅋ
でもツウィが言うことは正しいよ!
グク
グク
そうそう。
いつでも頼ってくれていいから!
ナンシー
ナンシー
頼りないかもだけどねㅋㅋ
ジソン
ジソン
しっかり者が2人も居るから
大丈夫じゃない?ㅋㅋ
ジス
ジス
そそそ!
ジェインとミナに任せて!
ジェイン
ジェイン
ちょ、私たち2人に押し付けないの!ㅋㅋ
ミナ
ミナ
そうそう!
みんなで助けるんだよ?ㅋㅋ
ホシ
ホシ
まぁ、2人が居るから
もっと力が出せる的な?
イェリ
イェリ
うわホシめっちゃテキトー。
フイ
フイ
イェリはホシへの当たりが強いㅋㅋ










みんなが声をかけてくれる。








ウジ
ウジ
俺らと一緒に忘れればいいんじゃね?









この人たちなら。












You
You
ありがとう。
これから...よろしくね...?