無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第39話

忘れてたのに。
























『コンビニに行く』って言ったら
オンニにめっちゃ止められた。
オンニ今から仕事で、着いていけないからって。
でも結局オンニも折れて、
私1人でコンビニに向かう。










あんまり目立たない服装に
メガネをかけ、帽子を深くかぶっている。




これならバレないでしょ。
事務所から一番近いコンビニは
いつもあんまり人が居ない。








You
You
どれがいいかな〜((ボソッ))
??
あの...
You
You
‪Σ (  ˙ ꒳​ ˙  ; )




やばいやばい、バレた...!?





??
やっぱり〜、あなただぁ♡
雰囲気変わったねぇ♡
You
You
え...










































そこには私が一番思い出したくない人が
相変わらずの笑顔を浮かべて立っていた。














































You
You
.....ヨアン...?