無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第29話

月曜日です。








オッパに聞いてみたら












案外すんなりOKしてくれた。











そして迎えた月曜日。













学校には行かず、1日中事務所に居るらしい。






You
You
オッパ〜、
そろそろ行こうよぉ〜
カイ
カイ
ハイハイ、今行く〜
You
You
もう、マイペースなんだから...



10分後



カイ
カイ
よし行こ〜!
You
You
オッパの『今』は
いつからいつまでなわけ...
カイ
カイ
いいのいいの。
気にするな!(。・ω´・。)ドヤッ
You
You
いやドヤるとこじゃないでしょ。
車乗って!!
カイ
カイ
へいへ〜い



















あんまり目立たない道だからって
今日はオッパが運転する車で2人っきり。
カイ
カイ
ねぇあなた。
You
You
ん?
カイ
カイ
K-POP界って簡単に上へ行けるものじゃないって事は、あなたも俺を見てきてるから分かるよな。
You
You
...うん。
カイ
カイ
それでも...やるのか...?
You
You
.....うん。
やりたいの、オッパみたいに!
カイ
カイ
...そっか。
うん!あなたが決めた事ならオッパはいっぱい応援する!
You
You
ありがとオッパ。
カイ
カイ
でも...事務所とあなたの学校って...
かなり距離があるよな...
You
You
.....



















そう。
問題はそこなんだ。
もしこの話が決定したら、
練習生として事務所に通わないといけない。
でも事務所と学校では移動距離が凄すぎる。


















カイ
カイ
...まだ決定したわけじゃないから。
You
You
...そうだね。




















オッパは黙って前しか見なかった。