無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

1.雨なんて…
あめside

雨が降ると思い出しちゃうじゃん。

あの日のこと。

だから嫌なんだ、
あめ
あめ
雨なんて
たいようside

雨が降るたびに自分が嫌になる。

こんな名前なのに、
たいよう
たいよう
雨男だなんて